その他の実験に戻る

有機物を構成している元素

(1)割箸を乾留する
割箸の乾留  割箸を熱すると、試験管の口のところに水や油がたまり、燃えるガスも発生し、割箸自体は真っ黒な炭になります。炭である事は、紙に書いたり、火を付けたときの燃え方から確認してもらいます。
 このことから、割箸という有機物の中にはCが入っている事がわかります。

(2)ショ糖に酸化銅を入れて熱する
酸化銅での酸化  薬匙の小さい方で1杯のショ糖と3杯の酸化銅(II)CuOを薬包紙上でよく混ぜてから加熱します。すると、試験管の中程に水が生じ、石灰水が白く濁って二酸化炭素の発生を教えてくれます。酸化銅にはHCが含まれていないことから、水のHと二酸化炭素のCはショ糖に由来する事がわかります。
 また、試験管の底が銅でメッキされたようになります。これは、酸化銅から酸素が出ていってショ糖を燃やし、残った銅が現れて来た事を示しています。
二酸化炭素の収集   同じ方法で、今度は集気びんに二酸化炭素を集めます。これに、火のついたロウソクを入れて、二酸化炭素である事を再度確認しつつ、集気びんの中の二酸化炭素の量を増やしておきます。

(3)マグネシウムリボンに火を付けて集気びんに入れる
二酸化炭素中で燃やす マグネシウムの灰の比較  まず、普通に空気中でMgリボンを燃やして濾紙の上に灰を置いておきます。
 次に、左のようにして二酸化炭素の中でMgリボンを燃やします。この灰を先の灰に並べて濾紙の上に置きます。
 すると、空気中での灰は真っ白なのに、二酸化炭素中で燃やした灰は黒い部分があります。これにより、二酸化炭素の中に確かにCがあることがわかります。

引用文献

1.いきいき化学アイデア実験 盛口嚢・高田博志 新生出版 1990年
2.化学と教育〜その実践 アルケミストの会 地歴社 1983年

その他の実験に戻る