scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ

2004.3.20

子どもも一緒に

キミ子方式講座:イチゴ
描く風景 おいしそうなイチゴ
 参加者の有村さんが提供して下さったイチゴを、斉藤さんの指導のもと、みんなで描きました。

仮説実験授業講座:《三態変化 第1部》
 田中が担当しました。

《三態変化》へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
5人 3人
3人 3人
0人 0人
0人 0人
0人 0人

《三態変化》へのみなさんの感想

  • 今日は、とてもおもしろかったです。すこし、いみがわからなかったけど、どんどんわかっていきました。とってもおもしろかったです。(5、4)
  • 実験は先入観があって色々と考えてしまい、全問ハズレでした。久しぶりに科学に触れた新鮮味のある時間でした。(4、4)
  • 今日、じっけんをして、ガラスが、もえて、しずくがおちたのが、おもしろかったです。少し、あつかったです。またやりたいです。(5、5)
  • おもしろかったです。また行きたいです。(4、ー)
  • 学生に戻ったみたいで、久しぶりの実験が楽しかったです。水銀を見て、ターミネータみたいで生き物のようでした。ありがとうございました。(5、5)
  • 今日の実験は、けっしょうがでてきました。さいしょは、液体になったのでびっくりしました。またやりたいです。(5、5)
  • ぜんぶわからなかったけど、きょうでよくわかりました。(5、4)

大人の時間

斉藤香代子さんによるレポート

  1. 科学げき「足は、なんぼん?」いよいよ、あさってです!!
  2. 「ふれあい会」楽しかったよ!!
 (1)は、科学げき「足は、なんぼん?」までの《もしも原子が見えたなら》の取り組みを生き生きと描いてあります。子どもたちが「原子」や「分子」を使いこなしている様子がわかります。
 それは、今日の「イチゴ」を描いているときにも、参加した斉藤さんの教え子さんが「分子」を使った発言をしていたことからもうかがえました。すばらしいです。
 (2)は、「ふれあい会」の取り組みと、それに対する保護者の方々からの感想がいっぱいでした。
 科学げき「足は、なんぼん?」の時には、幼稚園のようにビデオカメラがずらっと並んだそうです。そして、祖父母も含め多数の保護者が参加されたとのことです。
 素晴らしい取り組みには、やはり保護者がしっかりと反応されているのですね。

田中一成によるレポート

  1. 「アラブを知るための9つの基礎問題」「赤十字なのに?赤十字だから?」「いま世界の国ぐにで信頼されている国際政治家」という『たのしい授業』に掲載記事の紹介
  2. 私と仮説実験授業
  3. 授業書〈程度のもんだい〉に「興味がない」という生徒
  4. 生徒による定時制の紹介
 (1)は、学年末の特別時間割に理科の時間を使って生徒に実施した授業のプリントです。文化が違えば考え方も全く違うということがよくわかりました。
 (2)は、仮説実験授業と私(田中)との関係をサークルに来られる方々に知っていただきたいと思い、仮説実験授業研究会ニュースにも掲載されたレポートを持参しました。
 (3)は、今年度の浮朝地区高同教で発表したレポートです。サークルではすでに発表していましたが、改めて持参しました。
 (4)は、最近生徒に書いてもらった定時制の紹介文を持参しました。定時制の大多数の生徒の気持ちを知ってもらおうと思ったのです。

scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ