scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ

2004.6.19

子どもも一緒に

もの作り:透ケルトン、スライム、綿菓子作り
スライム  古殿了一さんが、スライムをまずは紹介してくださいました。

 子ども達の食いつきがすごかったです。
 うわーって。
 ぐちょぐちょなのが好きなんですね。
綿菓子  「さて、どれが一番綿菓子を作れるでしょう?」と、様々な綿菓子制作機を取り出して始まりました。

 これもまた、子ども達の食いつきがすごかったです。
 実際に食べれるし、おいしいから、当然ですね。
 

仮説実験授業講座:《ふしぎな石ーじしゃく 第1部》
 田中が担当しました。

《ふしぎな石ーじしゃく 第1部》へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
8人 5人
5人 8人
1人 0人
0人 1人
0人 0人

《ふしぎな石ーじしゃく 第1部》へのみなさんの感想

  • じっけんをして、いろんな国のお金のしゅるいがわかった。(5、5)
  • ふつう(3、4)
  • なかなか当たらなかった。(4、4)
  • じっけんをしていろんなくにのおかねがくっつくんだなとおもいました。(5、2)
  • じっけんをして分かったことは、外国のお金の1円玉がくっつくことが分かりました。(4、4)
  • じしゃくの事がよくわかりました。(5、5)
  • ネックレスがくっつかなかったのが一番良かったです。(4、5)
  • 50円玉のときはずれたのがくやしかったけどべんきょうになったし楽しかった。(5、5)
  • 今日はじしゃくのじっけんで一番楽しかったのはお金の中で何がくっつくかがおもしろかったです。(5、4)
  • じしゃくであそんでおもしろかった。(5、5)
  • じしゃくであそんでたのしかった。(5、4)
  • 一年生の娘と幼稚園の娘にもじしゃくを使った実験でとても楽しくよく分かったと思います。まだ小さいんですが自分の意見をちゃんと言えたので科学はすごい!!(4、4)
  • たのしかった。(5、4)

大人の時間

田中一成によるレポート

  1. 九工大での「総合的な学習の時間」の発表
  2. 鈴木筆太郎と算術教育の実験的研究(小野健司)の紹介
 1)九工大の4年生に向けてキミ子方式や仮説実験授業の紹介をしたことの報告です。
 2)水道方式の先駆けのような方の研究レポートです。小野さんに教数盤を復刻してもらって授業に利用したいなあと話しました。
 

斉藤香代子さんによるレポート

  1. いつも笑顔で元気です No.12
  2. 合わせるって、大事かな?
 1)《空気と水》の授業の様子の報告です。
 2)「共通理解」への反論です。「子ども中心主義を貫くべきだね。教師中心主義でなくて」と話が盛り上がりました。


scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ