scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ

2004.7.17

子どもも一緒に

もの作り:ふわふわちょうちょ
正面から 背面から
遊ぶ子ども達  京都の吉田秀樹さんから送っていただいた「ふわふわちょうちょ」を作りました。

 上左は正面から見た「ふわふわちょうちょ」です。
 重りに糸が巻き付けてある様子が見えます。

 上右は、背面から見た「ふわふわちょうちょ」です。
 美しいチョウチョの印刷がしてあるので、創作意欲が増していました。
 丸いつまみがあります。これを持って、ヨーヨーのように上下をさせるとチョウチョがパタパタと飛びます。

 左は、遊んでいる子ども達の姿です。
 一生懸命作った後、遊べるのはいいですね。
 作ろうと思える完成度だからでしょう。
 

「ふわふわちょうちょ」へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
5人 3人
4人 3人
2人 3人
0人 0人
0人 0人

「ふわふわちょうちょ」へのみなさんの感想

  • すばらしい!!(工夫が)身近にある材料で簡単にできるおもちゃが欲しい。(5、ー)
  • たのしかったです。輪ゴムを通すのがむずかしかった。(5、ー)
  • 糸がからまってしまってやり直しました。下振用糸にかえるとうまく動いた。夏休みの工作にもピッタリ!!(5、5)
  • ふわふわちょうちょを作って楽しかったところは、糸をまきつける時が楽しかったです。(4、4)
  • 作るのは、糸をまきつけるこういうのにゴムを入れて爪楊枝を入れるところが難しかったです。でもちゃんとできました。(5、4)
  • (4、3)
  • 糸が絡まるのが嫌だった。スルスル動かなかったので家でもう1回やりなおします。(ー、ー)
  • 糸がからまってできなかった。(5、3)
  • むずかしかったけど手伝ってもらったらだんだん分かった。最後の穴が、なかなか通らなかったけどやっと通った。遊んでみたらとても楽しかった。(5、5)
  • ちょうをつくるのがふつうでした。(3、4)
  • やったことあったのでふつうでした。(3、5)
  • 色もきれいで楽しんでできました。穴に糸を通すのが子供にはむずかしかったようです。(4、3)

仮説実験授業講座:《ふしぎな石ーじしゃく 第2部》
 田中が担当しました。

《ふしぎな石ーじしゃく 第2部》へのみなさんからの評価

楽しかったか
6人
3人
3人
0人
0人

《ふしぎな石ーじしゃく 第2部》へのみなさんの感想

  • きょう、じしゃくの実験でいろいろくっつくものの分け方がわかった。
  • 楽しく学習をさせていただきました。N.Sも同時に行うと良いと思います。
  • 砂鉄を見たら宝石みたいでした。磁石のかけっこ見たいで楽しかった。
  • 忘れていた磁鉄鉱などなつかしいお勉強でした。砂鉄を動かすのはとても楽しかったです。
  • さてつをうごかすのが、とてもおもしろかった。
  • さてつを磁石で動かすのが楽しかった。ビニールに入れてさてつをくっつけて磁石を外したら砂鉄がとれた。
  • じてっこうという石は、磁石にくっつくだけかと思っていました。顕微鏡で砂を見たり中にはキラキラ光っている石もあり楽しかったです。
  • さてつに、じしゃくをくっつけたのがおもしろかったです。

大人の時間

田中一成によるレポート

  1. 2004年一学期にした授業書と評価
  2. 三態変化の授業公開メモ
  3. 総合的な学習の時間 第2学年 《ハングルを読もう》全6回の報告
  4. 「人ごととは思えない」と感じる頻度とは
  5. 一歩を踏み越える人と踏み越えない人
 1)一学期に実施した授業書の一覧です。たくさん実施しているので、斉藤さんからはうらやましがられました。
 2)簡潔さが売りの授業案です。審議もしません。授業者が行うべき努力は授業に向けるべきだからです。
 3)生徒の感想などです。
 4)板倉先生と橋本さんとの雑談の記録です。
 5)「楽しさにまっしぐら」って、実は難しいのではないかという疑問です。
 

斉藤香代子さんによるレポート

  1. 子どもに聞くことの大切さ
 1)子どもに評価を聞いているのに、それを重視しない人が多いものなのですね。


scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ