scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ

2004.11.20

子どもも一緒に

《世界の国旗》へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
4人 3人
4人 5人
0人 1人
0人 1人
1人 0人

《世界の国旗》へのみなさんの感想

  • 国旗のふしぎ、おもしろさがわかりました。
  • 新しい事を知る事は、意欲・関心につながる”発見の喜び”に通じるものである。ひとりで知るよりチエが湧く。まちがってもタノシイ安心感がある。
  • たのしかったよ。やっほー
  • 今日はいろんな国旗のべんきょうをして、すっかり頭すっきりー
  • 知らなかった事を知る事ができた。
  • すごいところは一番人口が多い国がパキスタン回教国ということと、少ないのは33万人ということです。
  • 世界の国旗について今までさほど興味もなかったのですが、こうやってみると歴史の流れなどたいへんおもしろいものですね。
  • いろいろなくにのなまえがわかった。あとこっきの色がむずかしかったがよくわかりたのしかったです。

大人の時間

国友さんによるレポート

  • ししゃもの話
(1)『「子持ちししゃも」はシシャモではなくて、キャペリンである』という話題を追ったレポートです。

斉藤香代子さんによるレポート

  • べちょべちょと、おおきいイカをかいたよ!
  • 「あきみつけ」を楽しんだよ!!
(1)(2)両方とも、クラス新聞です。
その他、学校にまつわる話題を提供していただきました。

田中一成によるレポート

  • 月の観察表
  • 《月と太陽と地球》の評価と感想
  • 《月と虫めがね》の評価と感想
  • 落下ものさし
  • イオパミドールの分子模型
(1)〜(3)は、生徒の観察した結果と授業への評価です。
(4)は《力と運動》で実施している脇道教材の話です。
(5)は、尿道結石で先月休んだとき、「レントゲンに写る物質とは何か」と痛みに耐えながら質問をして得た答えを分子模型にして持ってきたというものです。
scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ