scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ

2005.3.19

子どもも一緒に

1)「浮沈子」を作って楽しみました。

浮沈子を作っている様子 完成した浮沈子
浮沈子 浮沈子
 斉藤さんがもってこられた浮沈子セットを用いて、浮沈子を作りました。
 
 手品の種として使えるのを最近のテレビ番組でやっていたので、手品の種としてどう利用するかを話しました。
 

2)「モルQ」で遊びました。

モルQを楽しむ様子
モルQ
 〈爆発の条件〉の予習と復習をかねて「モルQ」をやりました。
 
 前回も来ていたのは2名しかおらず、初参加の子どももいて、なおかつ幼稚園児も複数来ていたので、「まずは、モルQの特別ルールの爆発の説明と実験からやるね」ということにして、水素:酸素=2:1を分子模型で示し、その後、実際に爆発をさせました。

3)授業書案〈爆発の条件〉の授業。

 今回は、「ゆっくりとゆっくりと」と思いつつの実施しました。

「子どもも一緒に」(〈爆発の条件〉まで)へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
5人 6人
3人 2人
2人 2人
0人 0人
0人 0人

「子どもも一緒に」へのみなさんの感想

  • さいしょばくはつしないとおもったらばくはつしてびっくりしました。
  • 今回の説明は子供達に良く分かったと思うヨ!時間もいいじゃないかなー。なかなか、おもしろかったヨー。
  • ばくはつはどうやってでるかわかった。
  • いままでしたばくはっては、ボンとなっていたのに、水そを20でさんそを200にするとぽんとしかならなかったのでびっくりしました。ぼくは、ばくはつしないにしていたのでうれしかったです。
  • 楽しみながら化学へのおもしろさを学べて良かったと思います。
 

大人の時間

田中一成によるレポート

  • 原子論の歴史年図
  • 「セネカ 現代人への手紙」の抜き書き
  • 電燈の光から虹まで
  1. 「原子論の年図」によって、セネカやエピクロスやデモクリトスに親しもうというものです。
  2. セネカによる言葉を抜き書きしました。
  3. 電燈の光から虹を考える際に、古代ギリシャの科学者の考えを紹介しました。夏の大会のナイターネタにしようと思っている一つです。

斉藤香代子さんによるレポート

おきあがりこぼし
おきあがりこぼし
 クラスで楽しく「おきあがりこぼし」で学んでいるそうです。
 ゆったりとした動きが、まったりとしてとてもいい感じでした。
 
 「わくわく科学教室」の低学年を〈おきあがりこぼし〉で、高学年を〈爆発の条件〉で実施しようという話となりました。

scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ