scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ

2006.5.20 わくわく科学教室

ものづくり:十字ブーメラン

授業風景
ものづくり評価
 「完成した子は外で飛ばしておいで」と運動場へ出しました。
 しかし,外はかなりの風が吹いていて,ブーメランが戻って来れません。
 「室内で遊ぶブーメランだったのだ」と思い至りました。
 体育館など広い場所が必要だったのです。
 それでも,子どもたちはいい評価をしてくれました。ありがたいです。

 (楽しさ,理解度)感想
  • (5,5)わたしはとてもたのしかったと思います。りゆうはわかりやすくおしえてくれてきれいにできたからです。
  • (5,5)もういっかい,いえでつくってみます。
  • (5,4)作るのは楽しかったけどとばなかった。でもおもしろかったです。
  • (5,5)なげて,自分のところには帰ってこなかったけど,何度も投げて遊ぶのが楽しかったです。また,ペンでカラフルにするのがおもしろかったです。
  • (5,5)ブーメランがとんで楽しかったです。曲げるだけで飛び方が違っておもしろかった。家でも作ってみたいです。

講座1:ころりん 授業者:斉藤香代子さん

授業風景
ころりん評価
 わくわくしながら参加している子どもたちのようすがうれしかったです。

 私にとってはとても難しい問題群なのに(直径が大事だろうと最後まで思ってました),「1問しか間違えなかった」という子がいたのには驚きました。

 (楽しさ,理解度)感想
  • (5,5)とてもたのしかったー。1問しかハズレなかったし,絵もかわいかったです。こういう絵がいいなあー。
  • (5,4)きょう,ころがるのを,しました。みかけにだまされて,ずっとまちがえました。
  • (5,5)○○○○ころりんでいろんな物をころがした。あんまり,せいかいしなかったけど,とっても楽しかった。
  • (4,5)楽しい実験で最後はなるほど!そうだったのか!!と納得できました。知らないことが分かるって楽しいです。ありがとうございました。
  • (5,5)日頃,食べているもの,飲んでいるものを使って実験すると,子どもたちもずっと頭に残り,色々なものに興味をもってくれると思います。

講座2:液体窒素の-196度の世界 授業者:田中一成

授業風景
ものづくり評価
 《三態変化》の途中に挿入するためのプランとして作ったのが〈液体窒素の-196度の世界〉です。
 
 今回「わくわく科学教室」で独立して実施する事にしたら,いろいろと不都合な事に気づきました。それで,《三態変化》のお話などを引用することによって独立しても成立するように作り直したものです。
 
 「わくわく科学教室」ということを考えると,問題数はとっても少なくてもいい事が分かりました。なぜなら,用意した問題が相当に余ったからです。
 

 (楽しさ,理解度)感想
  • (5,5)とーってもたのしかったー。よくわかりやすかったし,ドキドキしたり,,,とーーーーってもたのしかったで〜す。
  • (5,5)すごかったです。
  • (5,4)えきたいちっそをつかって,そのなかに,おはなをいれて,だしたら,パリパリなっていました。
  • (5,5)2年の頃,原子のべんきょうをしてたから,○○○○ころりんより,いっぱい正解した。じゃんけんで連続かって花をつぶしたのが楽しかった。花をつぶしたしゅんかん,とってもつめたくなった。
  • (5,4)子どもから話だけは聞いてたものの実際に目の前で見れて知識がいくつか増えました。液体窒素が身近な原子に感じました。


scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ