scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ

2006.12.16

子どもも一緒に

パタパタ風車

patapata.jpg  ぱたぱた風車のものづくりをしました。
kansei.jpg  完成した「ぱたぱた風車」です。
 
asobu.jpg  遊ぶ姿です。
 
 
 

「ぱたぱた風車」へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
6人 5人
0人 0人
0人 0人
0人 1人
0人 0人

「ぱたぱた風車」へのみなさんの感想

  • バタバタと音が出るのがおもしろかった。
  • いろいろな形で,音がかわるのがわかった。
  • ふうしゃがパタパタいっておもしろかったです。こわれても自分で修理してまた遊べるところがよかったです。

《粒子と結晶》の講座(3)

 第1部の最後まで実施しました。
 
 小学校の低学年が多いので「もっともっとゆっくり読んだ方がいいかなあ」と思いつつも,できるかぎりゆっくりと実物を見せながらお話を読んでいきました。
 
 劈開の「劈」にまつわる話は「壁」という漢字を習った後でないと難しいかなあと授業者としては感じました。
 
 雲母を薄くはがす[作業]では,実験教材の雲母で劈開をたのしんでもらいつつ,石にある雲母を見せました。
 すると,ぱっと外に飛び出す子たちがいて,さっそく石に入っている雲母探しが始まっていました。
 「子どもってこんなふうに動くんだなあ」と妙に感心したできごとでした。
 

《粒子と結晶》(3)へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
5人 3人
2人 2人
1人 0人
0人 0人
0人 1人

《粒子と結晶》(3)へのみなさんの感想

  • そとにでていってさがしたのがたのしかった。
  • 石には,平面にわれるものと平面にわれないものがあるとわかりました。あと平面にわれることをへきかいということがわかりました。
  • もんだいでずれてくやしかった。でもよくわかった。

大人の時間

3周年記念にロールケーキを食べながら,11月の住本さんの会に関した話をしました。

田中一成によるレポート

  • 〈爆発の条件〉の第4部の検討


scilla top page へ  浮朝たのしい授業サークルへ