scilla top page へ    浮朝たのしい授業サークルへ

中一夫さんの〈ほのぼの視点〉を学ぶ会

案内文へのリンク
 中さんの視点を〈ほのぼの視点〉としてみました。
 中さんに幅広く学びたいというわけです。
 

講座の様子

nakasan.JPG  泰泉閣にて中一夫さんをお招きしての会を催すことができました。
 
 「道徳プラン」「学力低下」など,本当に様々な話題をしていただきました。
 それだけ広いにも関わらず,「すぐに,気楽に授業にかけられそう」と思える練り込んだプランなどの紹介をしていただきました。
 
 「ほのぼの」とした会を楽しんでいただけたと思います。


「道徳プラン体験講座」へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
10人 8人
3人 6人
0人 0人
0人 0人
0人 0人

「道徳プラン体験講座」へのみなさんの感想

  • 道徳の時間と言うと構えてしまったり準備ができていなかったら,資料を読んで終わりというのが多いのですが,こういうプランは(いじめのは別にして)気楽にできるのでいいですね。今は特学なのでできないのですが,ぜひやりたいです。
  • 正義感がいじめの根底にあるという視点で見ていけば,教師として,子どもたちにかかわっていく姿勢がとても重要になってくるということがありますね。この視点を忘れずに実践し確かめていきたいと思います。
  • いじめという暗くなりそうな話題を正面から取り組んでくれた中さんの勇気に敬意を表します。人権や同和問題にもつながる点もあり,自分のセカンドワークのヒントになりました。大人相手の活動が中心でもあり,どのような動き,取組みをしようかと模索しているところです。中さんの動きに期待しています。
  • 質問に何となくぼんやりとしか分かっていない(いじめについて)自分も発見しました。みなさんの意見になるほどなるほど授業に納得,納得です。特にいじめがなくなるのは,違いを認めきれるようになるということ。学級の子がうかんできました。ありがとうございました。
  • 子ども同士は遊び半分でやって,時々それがエスカレートしてけんかになり傷を作り,家に帰る。その傷を見て,親が問いただす。それを親はいじめと判断し,さまざまな行動に出る。本人は,その意識は少ない。担任は事実関係を詳しく調べ取り組んでいかなければならないのです。現在進行形の話です。”親”の存在も”いじめ”を考える時は,絶対考慮すべき要因ということを実感しています。

「〈ほのぼの視点〉を学ぶ会」へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
12人 8人
0人 1人
0人 0人
0人 0人
0人 0人

「〈ほのぼの視点〉を学ぶ会」へのみなさんの感想

  • 名前の通り「ほのぼの」とした会でした。「たねと発芽」いくつかの種を知ることができました。中さんのお話から自分を責めない,いわたる守る視点を学びました。有難うございました。
  • 大変おもしろかったです。中さんの話を聞いていると,生の自分でいいんだって思えます。いろいろな自分の思い(善いなーと思える思いや,きたないなーと思える思い,自分は,ちょっとちがうなーという感じ,あの人は,こんな風に言ってるけどずるいなという感情などなど)たくさんのわき上がる思い(感情)を否定しないで,まず,認めてあげて,そして,自分で,選択していっていいんだなーと安心して,思えます。だから,中さんと話をしていると,ほのぼの感が自分の中にうかび上がっていくという感じでしょうか。しかも,心理学を学んでいらっしゃるので,心の動きなどもなっとくできるので,なんか,自分の心がわかったような気持ちになって心がおちつきます。いろいろお話し,して下さって,ありがとうございました。自分がおちつくと,周りの人も安心して見れますよね。「どっちにころんでも・・・」を意識していると,自分が冷静になれるし,自分の動き所や,やれること,やれないことなど,判断しやすいんだなーっても感じました。田中さん,斉藤さんありがとうございました。とっても楽しかったです。
  • 初めて参加し,時間が経つのが「あっという間」だった。特に「いじめ」については,私自身色々と考えさせられた。これまで出会った子たち(いじめている子,いじめを訴えてくる子,いじめられる子)の思いを改めて感じることができた。いじめの原因と対処について,根本を語ってあるように思った。又,実践をもとにした小・中学校の話も聞くことができ,大変参考になった。イギリスの教育改革についても,とても興味深かった。学力低下については,意欲の低下に問題があることが明確だと分かった。斉藤先生の実践についても,改めてスゴイ!と感じた。ありがとうございました。
  • このぐらいの人数の会というのは,お互いの顔や思いがよく見える感じでとってもいいなーと思いました。中さんの「教育改革と学力低下」の話も斉藤さんの話もおもしろかったし,《タネと発芽》の講座もとてもよかった(よく準備されていてすばらしい!見習わなくては。)ナイターもおもしろかったし,なにしろ雰囲気がいい会でした。田中さん,斉藤さん,おつかれさまでした。
  • 自分のこと,学校のこと,クラスの子どもたちのこと,教育のことetcをふり返るとても有意義な時間となりました。また,哲学的に考える楽しみが満ち満ちていた会だったと思います。中さんの最後の「学校現場発想法カルタ」は現実の問題を解決する上ですごく役立ちそうです。ありがとうございました。「タネと発芽」の授業書も思ったよりスッキリしていて,授業に取り組みたいと思いました。


scilla top page へ    浮朝たのしい授業サークルへ