scilla top page へ    浮朝たのしい授業サークルへ

2009.06.20

子どもも一緒に

地球のなぞとき

IMG_5185.JPG  大阪から西村寿雄さんが来られることになりましたので,《地球のなぞとき》の授業を田中が行ないました。

 写真は,最後の「かんたん伏角計」の作り方を西村さんに説明していただいているところです。

《地球のなぞとき》へのみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
11人 6人
2人 5人
0人 1人
0人 0人
0人 0人

《地球のなぞとき》へのみなさんの感想

  • いろんなことが わかって とても おもしろかったです。実験ができて よかったです。他に、ふっ角計を作れて よかったです。
  • 立てる方位じしんは知らなかったのでびっくりしました。化石もびっくりした。
  • 伏角計で下をむくのがとてもすごかったです。そして、なぜ?!!南アメリカ、アフリカがくっついているのかが…???

3,大人の時間

《地球のなぞとき》の検討

 子どもたちが帰った後,最後までを検討し,日田にて食事をしました。

《地球のなぞとき》への大人のみなさんからの評価

楽しかったか わかったか
5人 2人
2人 5人
0人 0人
0人 0人
0人 0人

《地球のなぞとき》への大人のみなさんの感想

  • 《地球のなぞとき》は磁石、プレートなど壮大な話がとてもおもしろいです。今、私たちが住んでいるこの大地が実は動いているなんて夢みたいな話です。それをわかりやすく授業書に作り上げてすごいなと思いました。なんか、人のちっぽけさまで感じました。でも、こんな壮大な地球のなぞをとく人類はすごい!今日はありがとうございました。
  • 初めて知ることがたくさんありました。《地球のなぞとき》という題から楽しみにしていました。いろいろな〈なぞ〉解きができました。一番の驚きは、地面が上下に60cmも動いているということです。《地球のなぞとき》は随分スケールが大きいけれども、身近な話なので楽しかったです。ありがとうございました。
  • 授業書はやはり一人で読むよりみんなでワイワイ言いながら読む方が楽しいですね。「読み物」の多い授業書なので、ゆっくり少しずつ「朝の連続小説」的に授業を進めていったら楽しいかもしれません。やってみたいです。


scilla top page へ    浮朝たのしい授業サークルへ