scilla top page へ    浮朝たのしい授業サークルへ

竹田かずきさんとグラフで身近なことを楽しむ会

案内文へのリンク
 グラフやプラン作成で輝いている竹田さんをお招きしての会です。見事な返歌でした。

講座の様子

IMG_6461.JPG  竹田かずきさんによる案内で,量によるグラフ・量率グラフ・片対数グラフなどを描きながらグラフに親しんでいくことができました。

 また,竹田さん作成の授業書案《徴兵制と民主主義》を田中が講座形式で紹介しました。


「グラフを楽しむ会」へのみなさんからの評価

kazuki.png  「少しずつグラフを描いていくことによって,自分の気持ちが動くことを楽しめた」そんな共通な感覚があったと思います。

 そして,世界が広がる気持ちがする。そんなグラフの会だったと思います。

「グラフを楽しむ会」へのみなさんの感想

  • あこがれの対数グラフをちゃんと時間をとってもらって学べる機会を近くでやってもらってとてもよかったです。(ものすごーくマニアックな会やなー。田中さん,よくやるねー)とつぶやきつつ(ゴメンなさい笑),私にとっては,とてもラッキーでした。かずきさんが,私の軽〜いつぶやきを,しっかり受けとめてくれて,今回プランをホントに作ってくれたことも「すご〜い! さすが,かずきさん」です。学んで,たのしい,知らないことを知ったよろこびをもらえました。まず,これから新聞のグラフをみたら,注目してみます。
  • 量率グラフ,量のグラフ,対数グラフと,グラフを書いてみて(書きながら)気づくことがあるのだなあと思った。「たのしい授業」に,グラフはけっこうのっているけど「ふ〜ん」というくらいにしか見ていなかったと思う。グラフの見方も,変わってくるのではと思った。「対数グラフは,変化(の勢い)を見るグラフ」ということが,わかって,よかった。自分でも何か書いてみよう。年図はまだ未完成だけど,帰って完成させようと思った。ありがとうございました。
  • 『たのしい授業』で何度もグラフについては読んでいましたが,見るだけで,自分で描こうとは思いませんでした。対数グラフは意味が分からず,でも,直線になることだけは見ていました。そんなだからグラフの会に参加して実際に描けたことはよかったです。描くのに必死で見えてくるものまでにはいきませんでしたが。グラフって,そう難しくはないなあと思えたことは収穫です。

《徴兵制と民主主義》へのみなさんからの評価

tyouhei.png  国民とは何か,国とは何か,軍隊とは何か,そんないろいろなことへ思いを馳せることができる授業書案だと思います。

《徴兵制と民主主義》へのみなさんの感想

  • 徴兵制について知識がほとんどなかったので,今日は「なるほど〜」と思うことがたくさんありました。今でも半数の国が徴兵制だと知り,驚きました。共和政と徴兵制が関連しており,国民の戦争になったということがわかりました。また,参政権をもつと徴兵制が実施されるようになったこと(一部差別もあるが)を知りました。私個人としては徴兵制というか戦争自体ない方がいいのですが。今日は,いろんな意見をきいたり考えたりして勉強になりました。
  • 徴兵制には反対でした。ちょっと前,日本で徴兵制の議論が出てきた時,戦争への道を歩き始める危険な世の中になっていく危機感を覚えました。でも,民主的な時代に徴兵制になった歴史を知って,そういう考え方に心がゆれました。やっぱり反対ですが,「おわり」に書かれてあるように難しい問題だと思います。
  • 徴兵制に対するイメージがかわりました。なかなかすんなりと判断できる問題ではないということがわかったということが大きな収穫です。権利と義務の問題はほかのところでも応用がきくような気がしています。民主主義のことを考えていく上で多くの大人が知っておいた方がいい知識だなあと思いました。どうもありがとうございました。


scilla top page へ    浮朝たのしい授業サークルへ